旭川市 任意整理 法律事務所

旭川市に住んでいる人がお金や借金の相談するならどこがいいの?

借金の督促

自分1人ではどうすることもできないのが、借金返済・多重債務の問題です。
金額が多くなり、金利を払うので精一杯。
借金返済の問題は、1人で悩んでいても解決するのは難しいものです。
旭川市にお住まいの方も、まずネットの無料相談で、弁護士・司法書士に相談してみませんか?
いきなり事務所へ行って直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、落ち着いて相談できるのではないでしょうか。
もちろん、旭川市の方でもOKな法務事務所や法律事務所を紹介しています。
一人で悩むより、まず司法書士や弁護士に相談することが、借金解決への第一歩です。

旭川市在住の人が借金や任意整理の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

旭川市の借金返済や多重債務問題の相談なら、こちらがオススメ。
弁護士対応で、しかも全国対応の法律事務所。
初期費用が無料だから、今の手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払いは、分割払いでもOKです。
弁護士への相談料金ももちろん無料!
借金取り立てのストップも可能。
個人再生、過払い金、任意整理、自己破産、など、債務に関して相談することができます。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談受付が可能なので、借金返済で困っている方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、借金や過払いの問題が相談できる法務事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分に適したやり方で、どうにもならない借金問題を解決します。
また、過払い請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から費用を精算できます。
任意整理も、減額報酬や和解成功報酬などを一切取らないため、安く解決することが可能です。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方でも安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国対応の司法書士事務所なので旭川市にお住まいの方も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、一人で悩まないで、勇気を出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



旭川市周辺にある他の法務事務所や法律事務所の紹介

他にも旭川市には複数の司法書士や弁護士の事務所があります。参考にしてみてください。


●高橋弘道司法書士事務所
北海道旭川市大町2条4丁目21-468
0166-51-3340

●三木田憲治司法書士事務所
北海道旭川市6条通13丁目左4
0166-23-3161

●旭川総合法律事務所
北海道旭川市3条通9丁目551-2
0166-76-1087
http://asaso-law.com

●富川法律事務所
北海道旭川市5条通12丁目1086-3
0166-20-3277
http://plala.or.jp

●廣田善康法律事務所
北海道旭川市2条通8丁目
0166-73-4300
http://lawyer-hirota.com

●川畠・谷口合同事務所
北海道旭川市豊岡8条5丁目1-16
0166-37-7767

●阿部一喜司法書士事務所
北海道旭川市東旭川北1条4丁目15-20
0166-36-1399

●新田三千明司法書士事務所
北海道旭川市9条通7丁目
0166-25-2237

●中村元弥法律事務所
北海道旭川市東4条4丁目2-7
0166-25-5411
http://twitter.com

●道北法律事務所(弁護士法人)旭川事務所
北海道旭川市9条通7丁目2483-6
0166-76-4817
http://kyokuben.or.jp

●しらかば法律事務所
北海道旭川市川端町4条6丁目4-18
0166-55-4690
http://potato.ne.jp

●猪狩司法書士事務所
北海道旭川市9条西2丁目1-16
0166-26-8911

●旭川司法書士会
北海道旭川市花咲町4丁目
0166-51-9058
http://asa-s.jp

●野嶋司法書士事務所
北海道旭川市豊岡4条1丁目2-21
0166-37-9911

●南利昌司法書士・土地家屋調査士事務所
北海道旭川市6条通11丁目右4
0166-23-1697

●かぐら法律事務所
北海道旭川市神楽4条6丁目1-15
0166-73-3207
http://ocn.ne.jp

●久郷道廣司法書士事務所
北海道旭川市永山3条17丁目3-2
0166-47-3918

●旭川弁護士会
北海道旭川市花咲町4丁目
0166-51-9527
http://nichibenren.or.jp

地元旭川市の法律事務所や法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談などの方が、不安なく相談できるという方も多いのではないでしょうか。

旭川市在住で多重債務や借金の返済に弱っている状況

クレジットカード会社や消費者金融などからの借金で困っている方は、きっと高利な利子に頭を抱えているのではないでしょうか。
借金をしたのは自分ですので、自己責任だから仕方ありません。
ですが、複数のクレジットカード業者やキャッシング会社から借金していると、額が大きくなって、とてもじゃないけど返済できなくなってしまいます。
月々の返済金では利子だけしか返済できていない、というような状況の方もいるかもしれません。
こうなると、自分ひとりで借金をキレイにすることは無理でしょう。
債務整理をするため、早めに司法書士や弁護士に相談すべきです。
どのようにすれば今の借金を清算できるか、借金を減額できるのか、過払い金は発生していないか、など、弁護士・司法書士の頭脳をかしてもらいましょう。
借金・お金の問題の解決は、相談することが始めの一歩です。

旭川市/任意整理のデメリットあれこれ|任意整理

借り入れの支払いをするのがきつくなった場合はなるべく早く対処していきましょう。
そのままにしてるとさらに利息は増大しますし、収拾するのはより一層苦しくなっていきます。
借入の支払をするのが滞ってしまった時は債務整理がしばしばされるが、任意整理もよく選ばれる進め方の1つでしょう。
任意整理のときは、自己破産の様に大切な私財を喪失する必要が無く、借り入れの減額が可能なのです。
そして職業または資格の限定も無いのです。
メリットのたくさんある手口ともいえるが、逆に欠点もあるから、ハンデにおいてもいま一度考えていきましょう。
任意整理のデメリットとして、まず初めに借入れが全くチャラになるという訳では無いという事を納得しておきましょう。
縮減をされた借入れはおよそ3年程の間で完済を目標にしますから、しっかりと支払のプランを考える必要があるでしょう。
あとは、任意整理は裁判所を通さなくて債権者と直接話し合いを行う事ができますが、法令の見聞がない一般人じゃ落度なく折衝が進まない場合もあるでしょう。
さらには欠点としては、任意整理をしたときはそのデータが信用情報に載ってしまう事となり、世にいうブラックリストの状況に陥ってしまいます。
そのため任意整理をした後は5年から7年ぐらいの間は新しく借入れをしたり、ローンカードを新たに創る事はまず困難になるでしょう。

旭川市|自己破産にあるリスクってどんなもの?/任意整理

率直に言って世間一般で言われる程自己破産のリスクは少ないです。土地や高価な車やマイホームなど高価格の物は処分されますが、生活していくなかで要る物は処分されないのです。
又二〇万円以下の蓄えは持っていてもよいです。それと当面の間数ケ月分の生活するうえで必要な費用一〇〇万円未満ならとられる事はないでしょう。
官報に破産者の名簿として掲載されるのですがこれもわずかな方しか目にしません。
又世に言うブラック・リストに掲載されてしまい7年間ほどの間ローン・キャッシングが使用できない現状となりますが、これはいたしかたないことなのです。
あと一定の職につけなくなる事もあるでしょう。ですがこれも限られた範囲の職種です。
ですから債務超過で返すことの不可能な借金を抱えこんでいるのなら自己破産を実施するというのもひとつの手なのです。自己破産を実施すればこれまでの借金が全部ゼロになり、新しく人生をスタート出来るということで長所の方が多いと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限とし司法書士や弁護士や税理士や公認会計士などの資格は取り消しされます。私法上の資格制限とし遺言執行者、保証人、後見人にもなれないでしょう。また会社の取締役等にもなれません。ですがこれらのリスクは余り関係が無い場合が多いのじゃないでしょうか。リスクはあまり大きな物じゃ無いはずです。

関連するページ